理事長ごあいさつ

写真  昭和50年代を境に医療技術は格段に進歩し、それに伴い医療の専門性が進行し、人と人とが直接関係しあうという全人的立場の医療が、だんだんと失われてきたような気がします。 自分のイメージとして強く存在する『医者と患者の本当の信頼に基づく医療』という状況が、今の病院の在り方にみいだしにくい以上、それは自分で創るしかない。このような想いから春日クリニックを開業しました。


   医療は日常生活の上からすれば、一部にすぎませんが、生活全体を把握しなければ、十分な医療が
  行えないのも事実です。 自分自身が、積極的に患者の中に入っていく姿勢、これこそが、地域密着患
  者密着の医療の本質であると考えています。 法人全体が患者・利用者の皆さんの信頼を得ることがで
  き、心を開いた患者の生活の中でなくてはならない一部になることを目指して。そして、病院の存在そ
  のものが安らぎのもとになりえたならば、医者として最高の幸せとなるだろうと感じています。


                                             医療法人社団 清心会
                                                理事長  清田 武俊