事業所案内
はるかぜ訪問看護ステーション

KASUGA CLINIC

  • 住み慣れた我が家で
    安心して療養するために

    病気や障害があっても、「住み慣れた地域や我が家で自分らしく暮らしたい」という思いは共通です。このような思いを叶えるべく、はるかぜ訪問看護ステーションでは、看護師やリハビリスタッフがご自宅へ訪問し、在宅での療養生活を支援します。急に具合が悪くなったときも主治医と連絡し24時間・365日で対応。自宅が病院のベッドとなるよう環境をつくり、他の職種と連携しながら、日々の生活をトータルサポートします。
     はるかぜ訪問看護ステーションは地域に根ざした診療所併設の訪問看護ステーションとして、平成8年に県下で最初に認可をいただきました。また看護小規模多機能型はるかぜ併設の訪問看護ステーションとしての機能も持ち合わせています。

  • 自宅で行う療養上の
    お世話や医療的ケア

    訪問看護ステーションでは、自宅での療養を支えるため具体的に以下のサービス・医療ケアを行います。療養上のお世話に関しては、介護職だけでは難しいような、医療的視点が必要な場合に、訪問看護師が介入します。

    症状の観察
    医療機器、カテーテル管理
    床ずれの予防と処置
    排泄の介助・管理
    医師の指示による医療処置 
    認知症のケア
    清拭、洗髪、口腔ケア
    服薬管理
    食事(栄養)指導管理
    リハビリテーション
    看取り
  • 訪問看護とリハビリ

    はるかぜ訪問看護ステーションには、看護師だけでなく、経験豊富な理学療法士・作業療法士・言語聴覚士も在籍しています。
    自分らしく自宅で生活するためのリハビリテーションを訪問看護のサービスの中で受けることができます。
    訪問看護は医療保険・介護保険の双方のサービスがあります。訪問看護を受ケてみたいと思われた方は、かかりつけ医の先生や担当のケアマネジャーにご相談下さい。

    リハビリとの連携

訪問看護を受けてみたい

訪問看護を受けてみたいと思われたら

  1. 1.かかりつけ医に相談する
  2. 2.訪問看護ステーションに直接連絡する
  3. 3.ケアマネジャーに相談する

という方法で手続きを進めることができます。

訪問看護は基本的に、主治医による「訪問看護指示書」をもとに、計画(介護保険の場合はケアプラン)に沿ったかたちで行われますが、緊急時は24時間対応できます。
ただし、医療保険を利用する場合、時間外加算(自己負担)の料金が追加されます。

ギャラリー

books on zlibrary