おりひめの会
  更年期からの生活を考える

KASUGA CLINIC

おりひめの会

代表: 清田 真由美  平成11年7月7日 発足

女性が更年期を迎える44~55歳頃というのは、家庭や社会の中での立場や状況がさまざまに変化する時期です。子育てからの解放、親の介護負担の発生、自身の閉経なども相まって、心身に大きな変化とストレスがかかる時期といえるでしょう。
更年期の悩みや辛さを共に分かち合いたいと、平成11年7月7日、七夕の日に発足したのがおりひめの会です。家族の健康を預かる女同士、さまざまな角度から情報交換ができる場を目指し、年に5回程度開催しています

1人で悩まないで。たくさんの仲間と一緒に、幸年期を過ごしましょう。

開催のお知らせ

第98回新おりひめの会「理想的な介護とは~さまざまな視点から~」

日時
2022年11月30日(水) 14:00~15:00
場所
春日クリニック3F はるかぜホール または Web

介護が必要な人が急増すれば当然これまでのような手厚いサービスが困難となり、金銭的負担も避けられません。団塊世代以降の多くの方は、できる限り家族に迷惑をかけないで最期まで自宅で生活したいと考えています。 介護が必要になって... 詳しくはこちら